出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
紀伊國屋書店、12年連続で黒字決算

11月29日、株主総会および取締役会を行い、第125期(H30.9.1〜R1.8.31)決算と役員人事を決めた。連結売上高は1212億5500万円(前年比0.8%減)、営業利益15億1700万円(同17.0%減)、経常利益16億7400万円(同9.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益9億8000万円(同11.0%増)。減収増益となった。単体売上高は1022億6600万円(同0.9%減)。当期純利益は8億4500万円(同5.0%増)。
役員人事は、西根徹、小竹裕人、渡邉敏弘の取締役3氏が常務に昇任。大野繁治氏が取締役に、住谷朝子、杉野嘉彦氏が役員待遇に新任した。女性が役員待遇に就いたのは同社で初めて。杉野氏は梅田本店の副店長から店長に昇格した。

→過去の決算関連記事へ || →2019年決算特集ページへ

 
(2019/12/2)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社