出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
凸版印刷とフレーベル館、幼児向け「できるーと」企画・発売へ

凸版印刷の教育事業推進本部と、同社100%子会社のフレーベル館が、絵本とアプリを連動させた幼児教育事業に本腰を入れて乗り出す。親子で一緒に考えて学ぶ教材「できるーと」を来年1月6日発売する。企画・編集は凸版印刷、発売元はフレーベル館。BtoC事業は、凸版印刷の教育分野で初めて。まずは「かず」シリーズ3点を刊行し、「ことば」「アルゴリズム」「かんさつ」シリーズを順次リリースしていく。
「できるーと」は、「ワークえほん」と、幼児用「ワークアプリ」、保護者用「おうえんアプリ」のセット商品。書店店頭で本を購入した後、QRコードを読み込んでアプリを取得することができる。本体1500円。両社では今後、「できるーと」を書店で体験できるイベント企画を提案していく。

 
(2019/12/2)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社