出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第162回芥川賞は「背高泡立草」、直木賞は「熱源」

1月15日、第162回「芥川賞、直木賞」の選考会が東京・中央区の新喜楽で行われ、芥川龍之介賞は古川真人「背高泡立草」(「すばる」10月号掲載)、直木三十五賞は川越宗一「熱源」(文藝春秋)に決まった。
記者会見で、古川氏は「俺これからどうなっちゃうんだろうという気持ち」だと述べ、「まだ嬉しさはないが、生活が日常にかえると風呂でほくそ笑んだりすると思う」と話した。川越氏は「ドッキリ≠ェ進行しているような、ハラハラしている感じ」と受賞の感想を述べた。また、「全国の書店の方がこの本を良いと思って、沢山の読者に薦めてくれたと聞いている。本と読者を繋いでくれた全国の書店と流通の方に、本当に感謝しています」と語った。



 
 
(2020/1/16)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社