出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
「活字の学びを考える懇談会」、会長に阿刀田高氏

6月11日、東京・千代田区の衆議院第2議員会館で第1回懇談会を開催した。
同懇談会は浅田次郎氏(作家)、相賀昌宏氏(日本書籍出版協会)、山口寿一氏(日本新聞協会)の呼びかけで設立。
会長に阿刀田高氏(作家)、事務局長に肥田美代子氏(文字・活字文化推進機構)、顧問に細田博之(衆議院議員・活字文化議員連盟)、川村建夫(同・子どもの未来を考える議員連盟)、笠浩史(同・学校図書館議員連盟)の3氏が就いた。
当日は、「デジタル技術に偏重することなく、電子メディアと印刷メディアとが、それぞれの持ち味を活かして足らざるところを補い合うというバランスのとれた学校教育の実現に、政府が取り組むことを強く要望」するアピールを発表した。
同懇談会は、小川恒弘氏(日本製紙連合会)、金子眞吾氏(日本印刷産業連合会)、設楽敬一氏(全国学校図書館協議会)、竹下晴信氏(日本児童図書出版協会)、俵万智氏(歌人)ら20人の委員で構成されている。


 
(2020/6/15)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社