出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
日販GHDの連結決算、黒字転換。日販の取次事業は3期連続の営業赤字

6月26日、日販グループホールディングスと日本出版販売が19年度(19.4.1〜20.3.31)連結決算を発表した。連結子会社27社を含めた連結売上高は5159億2200万円(前年比5.5%減)、営業利益24億7400万円(同141.0%増)、経常利益24億4100万円(同125.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益7億8100万円(前年は2億0900万円の損失)。日本出版販売の営業赤字が続く一方で、それ以外の7事業がすべて黒字に。固定費も削減させ、最終利益は黒字転換した。
日本出版販売は昨年10月1日、日販GHDに社名変更し、持株会社に移行している。新会社の日販≠ナは、3月末までの下期のみを経営実績として発表した。その売上高は2136億7400万円、営業損失7200万円、経常利益4400万円、当期純利益2億8800万円。なお、参考資料として、昨年4月から今年3月末までの管理会計上の通期業績は売上高4139億3100万円、営業損失2億5300万円、経常損失4100万円、当期純損失2億8200万円。日販における取次事業の営業損失は3億1400万円、経常損失は1億4000万円。同社の奥村景二社長は、会見の席上、今後も業界三者のビジネスが成立して、出版物を安定して流通し続けられるようにするため、「コストの主体を明確にした上で、取引先と共有し、新たなルールをつくっていくこと」の重要性を示した。

→過去の決算関連記事へ || →2020年決算特集ページへ

 
(2020/6/29)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社