出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
光文社決算、2年ぶりに損失計上

8月25日、株主総会および取締役会を行い、第76期(2019.6.1〜20.5.31)決算と役員人事を確定した。総売上高は184億7700万円(前年比9.0%減)。期中は、大きな収益を見込んでいた第4四半期(3〜5月)に雑誌5誌の発売中止を余儀なくされ、厳しい決算となった。
総売上高の内訳は、「販売」88億5700万円(同8.5%減)、「広告」56億9600万円(同11.3%減)、「その他」33億4200万円(同7.6%減)、「不動産」5億8100万円(同2.6%減)。
利益面では、経常損失13億9900万円(前年は7億6500万円の損失)、当期純損失は24億0200万円(前年は36億2400万円の利益)。「年金財政の健全化のための費用」を特別損失に計上。実質的な純損失は14億円程度だという。
役員人事では、爲田敬氏(第一・第二事業局担当)と内野成礼氏(ニュース事業局担当)が取締役に新任。平山宏取締役と丹下伸彦相談役は退任。平山氏は顧問に就いた。

→過去の決算関連記事へ || →2020年決算特集ページへ

 
(2020/8/31)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社