出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
文教堂GHD、債務超過解消の見込み

文教堂グループホールディングスは9月1日、2020年8月期連結会計年度において、債務超過を解消する見込みと発表した。年度末の純資産額は6億5000万円から8億5000万円になるという。11月下旬をめどに、関東財務局に有価証券報告書を提出し、債務超過解消を正式発表。その後、上場廃止に係わる猶予期間が解除される予定。
同社によると、「商品」「有形固定資産」「投資その他」に対する当社の評価・見積もりを前提としているため、決算処理の過程で監査法人ナカチによる監査結果で変動する可能性もあるが、これら評価や見積もりが下ぶれしても、債務超過解消が概ね見込まれている状況であるようだ。20年8月期連結業績については、10月中旬に発表予定。株主総会は11月末頃に開催される。

→過去の決算関連記事へ || →2020年決算特集ページへ

 
(2020/9/7)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社