出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
東北地震で福島・宮城県の書店に被害

2月13日午後11時8分頃、福島県沖で発生した震度6強の地震で、福島・宮城県にある書店で本が落下するなどの被害があった。人的被害はない模様。紀伊國屋書店の仙台店(仙台市)は入居するザ・モール仙台長町が休業中で、「まだ営業再開の見通しは立っていない」という。宮脇書店佐沼店(宮城・登米市)はスプリンクラーが破損して、学参を中心に多くの本が水濡れ。入居するイオンスーパーセンター佐沼店が休業している。
八文字屋の泉店は本が落下、一部ガラスが割れるなどの被害があったが、14日正午に営業再開した。ヤマト屋書店も全6店舗で本が落下、什器もずれたが15日、全店で営業再開した。
日本出版販売やトーハンでは14日から書店に出向き支援している。(15日午前11時時点)

 

地震発生直後の八文字屋泉店
 
(2021/2/15)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社