出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
集英社とDNP、「MDAM」導入促進に関する基本合意契約を締結

集英社と大日本印刷(DNP)はさきごろ、雑誌・書籍の編集制作支援機能とアセットマネジメント機能を兼ね備えた総合誌面制作プラットフォーム「MDAM(エムダム)」について、出版社などへ促進する基本合意契約を締結。両社が7月29日に発表した。
MDAMは集英社が中心になって開発した、誌面を構成する画像やテキストなどのデータを一元管理できるプラットフォーム。特集や記事ごとの進行管理・編集が可能で、編集者やデザイナーはMDAMにアクセスして入稿や校正作業などを行うことができる。
テキストや画像など誌面を構成するすべての情報資産や書誌情報をクラウド上に格納することで、多様なメディアへの展開を容易にする。
これまでに大手出版社が採用。今回の基本合意によって、さらに多くの出版社への導入を促進する。DNPは、各企業がMDAMを導入する際の業務設計から運用までの支援を行う。
MDAMを採用した出版社は次の通り(7月29日現在)。講談社、小学館、集英社、主婦と生活社、世界文化社。光文社も来春運用開始予定。

 
(2021/7/29)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社