出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
精文館書店、増収増益決算 売上高が過去最高に

9月22日、定時株主総会を開催し、第52期(2020.7.1〜21.6.30)決算を確定した。売上高は220億9500万円(前年比6.3%増)で過去最高を更新。利益面は、営業利益6億6600万円(同7.8%増)、経常利益6億4900万円(同5.4%増)、当期純利益4億0900万円(同17.3%増)。前期に続く2期連続での増収増益決算となった。
新規店効果と巣ごもり需要が継続したこと、コミックの好調などにより、書籍・文具分野などで増収した。財務体質がさらに強化され、自己資本比率は56.1%(同2.2ポイント増)となった。売上高が減少したレンタル、セルCD・DVD分野は売場を縮小し、文具・雑貨売場などの拡大に取り組んでいる。

→過去の決算関連記事へ || →2021年決算特集ページへ

 
(2021/9/27)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社