出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
筑摩書房前社長の山野浩一氏、夕日書房から第1弾

山野氏が設立した夕日書房は12月22日、第1弾として日銀前副総裁の岩田規久男が描いた『資本主義経済の未来』を発行する。本体4500円、光文社が発売元となる。
山野氏は筑摩書房で「ちくま新書」の編集を手がけた一方、営業も担当していた。2015年から18年まで社長を務めた。19年からは偕成社の取締役、今年からアドバイザーに就いている。
夕日書房は山野氏と親交のある様々な分野の著者が「これだけは書いておきたい」という本を出版することを目的に設立したという。来年は4点の書籍刊行を予定している。

(2021/12/6)
               
本紙「新文化」
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社