出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第117回
機種変更はつらいよ
 壊れかけたiPhoneを持って、大手電気店のカウンターを訪れ、勧められるまま別会社の新機種に乗り換えた。
 
 「ほとんど何も変わりませんよ。むしろ月々のお支払いが安くなります」
 
 しかし、その言葉を丸ごと信じた私が馬鹿だった。自宅でデータを移行すると、今までのメールアドレスはiPhone端末でないと設定できないことが判明し、愕然。新しいアドレスを各所にお知らせしなければならないということで、それは大変面倒くさい。これは契約時に説明すべき重大事項ではないのか。
 
 私は契約書一式を持って、再びカウンターを訪れた。ここで注目してほしいのは、私の表情である。眉尻を下げ半目になり、今にも泣き出しそうなへの字口。
 
 あのアドレスは、蒸発した夫が私に連絡してくるかもしれない、唯一の手段なんです。きっと電話はかけづらいでしょうから……。
 
 もちろん嘘であるが、口に出さなければ嘘を吐いたことにはならない。ただひたすら妄想を膨らませ、悲しみに打ち震えていると、店員が飛んできて、事情を聞いてくれる。隣の客からもやさしく励まされ、無事アドレスが復活した瞬間は、皆で手を叩いて喜び合った。実に円満にクーリングオフ、並びに機種変更を行うことができたのである。
 
 もし、あなたが今後も利用したいと思うお店で「ご意見」したい出来事に遭遇したら、怒りを妄想の悲しみに変えてから訴えることをお勧めする。
 
(三省堂書店神保町本店/新井見枝香)
 
(2019年2月19日更新/ 本紙「新文化」2019年2月14日号掲載)
               
 
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社