出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第74回
伝説のPOP復活!
 今年3月に閉店したあゆみBOOKS小石川店(東京・文京区)で、長く一等地に展開されていた哲学者・ショーペンハウアー『読書について』(光文社古典新訳文庫)。
 
 日本一売り続けたその展開の熱を、閉店とともに消してしまうのが忍びなく、「三省堂書店で引き継がせてください」とお願いした。
 
 伝説のPOP《キレ味抜群!! 超ドS読書術。》を書いた有地さんには「徹底的にやっちゃってください!」というお言葉をいただき、展開場所も、神保町本店と有楽町店に確保した。
 
《本を読むとは、自分の頭ではなく、他人の頭で考えることだ。》というショーペンハウアーの言葉は、本をたくさん読んできた人ほど受け入れ難い。
 
 耳触りよく、その通りだと簡単に思わせてしまう文章は、読者の頭を怠けさせる。
 
 しかしその逆の場合、反論を自分の頭で考えなければならない。それこそドSなショーペンハウアーの思う壺かもしれないが、そこはドMに徹して、読む時間の100倍かけて考える。
 
 土台、他人が考えて書いた本を読むだけで、全てをわかろうというのが横着なのだ。人間は隙あらば横着をしようとする。
 
 かく言う私も、あゆみBOOKS小石川店の展開写真を引き伸ばしたパネルを使って「展開写真で展開」をするという横着をしている。
 
 キレ味抜群のPOPを自分で書けた時、初めて「引き継ぐ」ことができたと言えるだろう。
 
(三省堂書店/新井見枝香)
(2017年4月24日更新/ 本紙「新文化」2017年4月20日号掲載)
               
 
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社