出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第77回
新刊発売パフォーマンス
 ジョッキを高く掲げ、マイクを握る居酒屋店員の写真が、5月24日「日経MJ」のトップに掲載された。自由なマイクパフォーマンスで乾杯を盛り上げる仕事は、スタッフに働きがいを感じさせ、店舗売上も伸びているという。
 
 「乾杯」は、書店にもあるだろうか。店内に入って、最初にすることを考える。「生ビール」をオーダーするように、まずは「新刊」をチェック。おぉ。見えてきたぞ。新刊台の横でマイクを握った書店員が、本日発売の本を高く掲げる。
 
 スポットライトが当たり、ドッドッドッ…と重低音が棚を震わす。湧き上がる歓声。高まる期待。
 
 「本日も三省堂書店にご来店いただき〜…ありがとうございまぁぁーすっ!!」
 なんだこの異様なハイテンション。
 「みなさま、準備はよろしいでしょうかぁー?」
   片手にはビールジョッキ、ではなく1冊の本。
 「せーのっでお願いしますね!」
 せーの?
 「せーのっ! 新刊ー!」「シンカーン!」
 
 店員はマイクを通して、クラブDJのように本の紹介をする。それを聞きながら、最初の一口、とみんなで手に持った新刊をパラパラ。
 
 新刊発売は、おめでたい。本の誕生日をそこに居合わせたみんなで祝う。居酒屋で、見ず知らずの人の誕生日を祝うように。
 
 「お祭り好き求む! あなたらしいマイクパフォーマンスで、本とお客様の出会いを盛り上げてみませんか」
 
 書店がこんな求人を出したら、やりがいを求めて応募が殺到するだろうなぁ。
 
(三省堂書店/新井見枝香)
(2017年6月12日更新/ 本紙「新文化」2017年6月8日号掲載)
               
 
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社