出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第3回
ないないない
 1階から6階までの全てが本屋だなんて夢のようである。子どもの頃、休日に父親と八重洲ブックセンターに行って、くまなく棚を見てまわるのが好きだった。つい先日まで、私はその思い出に近い大型書店で働いていたのである。
 
 しかし今はワンフロアで、CDや雑貨が少なくない割合を占める書店にいる。1学年が6組まであるマンモス小学校から、生徒が少なすぎて1年生と2年生が一緒くたにされている教室に転校してきたようなものだ。それだけ規模が違えば、ないものを数えたらキリがない。
 
 レジが3台しかない。シュリンカーがない。自動釣り銭機がない。配本がない。追加が入らない。それはどうしようもないことだ。なければないで、なんとかする。あるというありがたさにすぐ慣れてしまう傲慢な短所は、ないことにもあっさり順応できるタフな長所でもあったのだ。
 
 小回りが利くこの規模感は、私の性にも合っている。昨日何が売れたのかを、私は1冊単位で毎日把握したいし、その本が棚にあるのかないのかを、聞かれたら即答できる書店員でありたい。この店ならそれができる。
 
 しかし私のキャパシティは想像以上に小さかったようで、今はレジ締めのやり方を覚えるのに必死である。

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2019年6月20日更新  / 本紙「新文化」2019年6月13日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社