出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第33回
思い出のレジ袋
  東京ディズニーランドおよびシーでは、10月1日から買い物袋が有料化される。ディズニー帰りであることが一目でわかる、キャラクターが描かれたビニール袋は、わざわざディズニーに行く人にとってはそれすらもお土産であり、たとえ20円支払おうが、入れて欲しいのではないだろうか。
 
  私はそこまで深い思い入れがあるわけではないが、2年ほど前に土産でもらったチョコクランチの缶を小物入れに使っている。さらに、その缶が入っていたビニール袋も、キッチンの流しの下で、乾物を入れるのに使っている。もしかしたら、日比谷コテージのお洒落なビニール袋も、旅行に行くときの下着入れに使われているかもしれないし、部屋の壁にペナントの如く貼られているかもしれない。
 
  店頭では7月から1枚3円で販売しており、想像以上の人がマイバッグを持参している。だが、明らかに無理をして鞄にねじ込むのを見ると、複雑な気持ちだ。地球環境保護の施策としては成功なのであろうが、自分の店の袋を街中で見かけたときの、あの誇らしいような気持ちも、なかなか味わえなくなるだろう。それが買ったばかりの状態でも、使い込まれてテカテカしていても、嬉しかったものだ。
 
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2020年9月24日更新  / 本紙「新文化」2020年9月17日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社