出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第39回
「はい、よろこんで!」
 「閉店」と貼り紙がしてある、居酒屋の引き戸を開けた。駆け付けた店員は、今日で店を畳むから、限られたメニューしか用意できないと言う。そのつもりで来たから、問題はない。広い店内には、ひとりで静かに飲むお客が数人だけだった。
 
 全国に200店舗以上展開する大手チェーンの居酒屋は、グランドメニューだけでファミレスを凌ぐ品数だ。刺身、揚げ物、串焼き、ごはんもの、焼酎、日本酒、ワインにデザート。明日がないのに、これだけを揃えて営業していたら、大変なロスが出る。紙ペラ1枚のメニューで、誰が文句を言えようか。
 
 感じのいい女性の店長が切り盛りするこの店は、蕎麦屋出身の板前が揚げる天ぷらが美味い。仕事で近くまで来ると、必ず立ち寄るお気に入りの店だった。閉店の理由は知らないが、宴会で使う広い座敷が、コロナの影響を受けなかったわけはないだろう。
 
 しかし、私は感傷に浸るつもりで来たのではなかった。この話を、閉店が相次ぐ書店業界に繋げるつもりもない。ただ、自分の目で見ておきたかった。もはや、珍しいことでも何でもない。「ガムテープが足りなくなりそうだから、100均がやっているうちに買ってきて」と指示を出す、店長の声が聞こえた。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2020年12月17日更新  / 本紙「新文化」2020年12月10日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社