出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第44回
暗中模索
 踊り子の世界では、お姐さんのお客さんにチップをいただいた際、「お客様をありがとうございます」とお礼を言うしきたりがある。
 
 ストリップ劇場が全国に何百館もあり、踊り子が何千人もいた時代は、先輩後輩の秩序を保つために、それが必要だっただろう。踊り子同士はライバルであり、いかに自分だけのファンを囲い込むかが重要だったからだ。
 
 しかし今は違う。実際、30年踊り子を続けている姐さんは「今はそんなことにこだわっている場合ではない」と言い、ファンには一途さより、フットワークの軽さを求めている。浮気もハシゴも大歓迎だ。
 
 先日、書店のオンラインイベントについて検討する機会があり、本を自店で購入した人だけに配信するべきか否かで悩んだ。
 
 店の利益だけを考えれば前者だが、本自体の販促を考えれば、断然後者である。本が飛ぶように売れる時代であれば、1冊でも多く自分の店で購入してもらう方法を考えれば良いが、《今はそんなことにこだわっている場合ではない》。姐さんの言葉が頭に浮かんだ。
 
 書店員として、わかりやすい売上げを立てることも必要だが、全国的に売れなければ重版も叶わず、そうなると会社にもたらす利益はあまりにも小さい。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2021年3月11日更新  / 本紙「新文化」2021年3月4日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社