出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第46回
原作本
 日比谷コテージには、映画の原作本を集めたコーナーがある。映画館が近いこともあって、映像化帯の文庫がよく売れるのだ。
 
 作家が紡いだ物語が、文字ではなく、映像になって多くの人に届く。そのなかには、原作があるのなら読んでみたいと、映画がきっかけで本に手が伸びる人も少なくない。
 
 それなら「きっかけ」は、多ければ多いほどいい。書店員としても、小説好きとしても、読者が増えるのは喜ばしいことだ。私は今、そういう理由でストリップ劇場に立って、ある演目を披露している
 
 原作は、桜木紫乃さんの小説『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』(KADOKAWA)だ。長編をもとに、30分程度の台本を書いた。ストリップは基本的に台詞がない。物語を舞台化するには、演者の数も足りない。
 
 その条件で、誰にでも分かりやすく、さらに劇場の盛り上がりも考えれば、筋書きは原作通りとはいかなかった。
 
 だが北海道のキャバレーという舞台や、70年代の雰囲気はそのままだ。そして出演者自ら「原作はこの本です」と、本を片手に舞台の上で演説もできる。
 
 映画の観客動員数には遠く及ばないが、なかなかインパクトのある「きっかけ」では ないだろうか。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2021年4月8日更新  / 本紙「新文化」2021年4月1日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社