出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第58回
米と蕎麦
 田んぼだと思っていた一角に、白く小さな花が咲いている。地元の人に訪ねると、蕎麦の花だそうだ。そういえばこの地域は、米だけでなく、蕎麦の名産地でもあるのだ。
 
 ひとつの体で複数の仕事を持つメリットはたくさんある。書店員を続けながら本を書いている人は少なくないし、雑誌の編集長をしながらバンドを組んで歌を歌う人もいる。
 
 頭を切り替える度に新鮮な気持ちになるから、どちらの仕事も長く好きでいることができるだろう。どちらかがうまくいかないときに、不安になりすぎることもない。たとえ今年の米がうまく穫れなくても、今は蕎麦をがんばろうと思えば、モチベーションを保つことができるはずだ。
 
 だが、後で調べてみると、ひとつの水田で米と蕎麦を交互に作っているわけではなく、「転作」といって、水田だった土地を畑として活用しているのだと知った。仕事でいうなら「転職」だ。ひとつの体で、複数の仕事を同時に行うことは、基本的にできないのだ。
 
 しかし、蕎麦の収穫は早く「播種から収穫まで75日」と言われる。出荷したら、何だってできるような気がしてくるではないか。そんなことに思いを馳せつつ、新そばを心待ちにしている。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2021年10月7日更新  / 本紙「新文化」2021年9月30日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社