出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第61回
謎の色紙
 旅のついでに足をのばし、山と田んぼに囲まれたショッピングセンターを訪れた。平屋の古い建物には、スーパーや100円ショップが並んでいる。目的の書店は、広いスペースにあらゆるジャンルが満遍なく置かれている印象だ。エロ本も堂々と陳列され、よくある郊外の個人書店といった雰囲気である。
 
 しかし文芸書の棚を見ると、きちんと新刊が並び、話題の本も押さえている。一冊手に取ると、細長い色紙が挟まっていた。別の本には、違う色の紙が挟んである。そこには一定のルールがあるように思えた。
 
 後日オーナーと会う機会があり、色紙のことを訊ねると、にやりと笑って教えてくれた。
 
 自分が不在の時でも、経験の浅いスタッフが迷わず納品できるように、目印として色紙を挟んでいるそうだ。棚から外しても良い本かどうかが、一目でわかる。
 
 そのひと手間は、私が初めて働いた書店を思い出させた。当時はすべての本にスリップが入っていたので、文芸書担当の先輩は、そこに必ず入荷日を書いてから棚に入れていた。新人の私が、決められた時間内に仕事ができるようにするためだ。
 
 先輩なら、そんなことをせずとも納品できたはず、ということには、だいぶ後になって気付いた。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2021年11月18日更新  / 本紙「新文化」2021年11月11日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社