出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第63回
猫と本
 10日間ほど仕事で家を離れることになった。行き先には、同居している黒猫のくーちゃんを連れて行くことができない。
 
 困って友人の千早茜に相談したら「なるべく小さき生き物の負担にならぬように」と、くーちゃんの生活の場を変えずに、通いで面倒を見てくれることになった。
 
 出発の前に我が家を訪れ、トイレ掃除の仕方や、水の換え方などをチマチマと手帳にメモをした彼女からは、まるで獣医か研究者のように、うんちの状態や行動を記録したLINEが、写真や動画とともに送られてくる。
 
 くーちゃんも友人が気に入った様子で、すっかり気を許し、腹を見せていた。動画を何度も再生しながら安堵し、自分にそっくりだと笑う。しかし10日ぶりに再会すると、くーちゃんにある変化が見られたのである。
 
 稀に乗るくらいだった私の腹や腰に、隙あらばよじ登り、降ろそうとすると必死に抵抗するのだ。たった3キロしかないはずなのに、子泣き爺のように重い。お手洗いに行くのも一騒動だ。
 
 またいなくなることを心配しているのだとしたら、大変申し訳ない。だが、温かい茶を淹れ、腹に乗ったくーちゃんの背中を撫でながら読書する時間は、何ものにも代えがたい幸せだ。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

(2021年12月16日更新  / 本紙「新文化」2021年12月9日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社