出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第75回
もう○○ない!
 タモリといえば「笑っていいとも!」の司会というイメージだが、かつてCDを出していたことを憶えている人はいるだろうか。正確には私が生まれる前に発売したレコードの、復刻版CDだ。
 
 知人からそこに収録されたネタの話を聞き、今さら欲しくなってCDを探したが、残念ながら廃盤。何でもあると思っていたAppleMusicにもデータはない。あとはオークションか……、と思っていたところ、たまたまコレクターから貴重なCDをお借りすることができ、私はいたく感激した。もうCDで聴けないと思うと、人はどうしてもCDで聴きたくなるものである。それは「聴く」も「読む」も同じではないだろうか。
 
 私が初めて世に出した『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』というエッセイ本について、版元の秀和システムから絶版を知らせる封書が唐突に届いた。もう紙では読めない本になった、という事後報告である。
 
 ほら、どうしても紙で読みたくなってきたでしょう。「もうすぐ絶版」とPOPを付けたら、あと1冊や2冊は売れたはずだ。
 
 絶版は決して名誉なことではないが、それすら販促のきっかけにしたかったと思うのは、私が根っからの書店員だからかもしれない。
 

(新井見枝香/HMV&BOOKS SHIBUYA)

(2022年6月23日更新  / 本紙「新文化」2022年6月16日号掲載)
               
購読の申込みは
↓↓コチラから↓↓
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社