出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ 出版業界 専門紙 新文化
※本紙「新文化」にて現在、連載中です。
ライター。 文芸とサブカルチャーを中心に取材・執筆を手がける。著書に『マンガ雑誌は死んだ。で、どうするの?』(星海社新書)、『ウェブ小説の衝撃』(筑摩書房)などがある。
第18回:チャレンジが生んだヒット作多数/「集英社みらい文庫」
第17回:まずは「おもしろい動き」から発想/「あかちゃんしかけ絵本」シリーズ
第16回:怖いけれど楽しい「おばけずかん」シリーズ/多メディア展開で読者層広げる
第15回:科学で謎解き「科学探偵」シリーズ/読者もトリック当てに挑戦
第14回:玩具菓子のキャラを書籍化、小1を中心に男子が夢中
第13回:著者の工夫が詰まった「ルルとララ」、小学校低学年の女子に人気
第12回:社会に定着した「読み聞かせ」、JPICの講座で人材輩出
第11回:「マジック・ツリーハウス」の魅力 刊行28年、世界で1億5000万部
第10回:世界で大人気「グレッグのダメ日記」、男の子からもファンレター
第9回:200万部超え「リリアーネ」シリーズ、可愛い絵と裏腹の硬派な内容
第8回:ボカロ発「カゲロウデイズ」、小説・学参・コミックスが好調
第7回:「銭天堂」シリーズ90万部、非日常空間・駄菓子屋の魅力
第6回:ブックスタートが果たした役割、赤ちゃん絵本市場の活況生む
第5回:韓国学習マンガ成功の秘訣、「Why?シリーズ」世界45カ国に
第4回:韓国発学習マンガが小学生に人気、「サバイバルシリーズ」朝読でも
第3回:累計2000万部の「ぼくら」シリーズ、変わらぬ普遍性と時代性
第2回:シェアトップの「角川つばさ文庫」、親しみやすさ追求に徹する
第1回:謎多い子どもの本の世界、「強い本」の秘密に迫る
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お知らせ
メール送信

新文化通信社