出版業界 専門紙 新文化 出版業界スケジュール 情報掲示板 連載コラム 編集長のページ
第6回
ユーキャンの市販書籍のラインアップはこうして出来上がった
基本書・問題演習が基本コンセプト
 資格試験はいかなる天才であっても、勉強せずに合格することはできません。
 「いや、待て」
 「頭のいい人はほとんど勉強せずに合格しているではないか」
と思っている方もいるでしょう。
 
 しかし、資格試験は人間が生み出したものです。
 資格試験というものは、受験した者に一定の見識とその見識を運用する能力があるかどうかを試すものです。
 「天才的なひらめき」や「天賦の才」だけでは試験には合格できません。
 一定の見識と見識の運用というのは資格試験取得には必須の要素なのです。
 ですから、知識を自分の中に入れずにゼロの状態で資格試験に合格することはありません。また、その知識をどのように活用するのか、ということもできなければ、やはり合格はできないのです。
 
 その認識の下、ユーキャン学び出版部で発刊する資格試験シリーズは、知識をインプットする「速習レッスン」と、知識の運用、演習といったアウトプットのための「過去&予想問題集」の2本立てのラインアップを基本としています。
 
より身近に、使いやすく−− 一問一答集
 資格試験の勉強をされる方は多くを社会人や学生の方が占めています。
 空いた時間を有効活用できる教材が欲しいという要望に応えたい。卓上での学習を想定したインプット、アウトプット書籍の他、通勤・通学途中での学習ができるような教材……。
 
 そこで、持ち運びしやすい新書判サイズにこだわった一問一答集をラインアップに加えました。
 片手で持てる、かさばらない、それでいて見開き紙面が見やすいサイズだからです。
 悲しい哉、サイズが小さいために、棚差しになってしまうと他社の大きいサイズの書籍に埋もれて、見つけてもらえないという運命が待っています。
 
 それでも、我々は今年も一問一答集シリーズを新書判で出し続けます。
 他社が類書を新書判よりやや大きい四六判ばかりで出しているから、棚差しになった時に埋もれてしまうとしても、この小さいサイズが購入される方にとってベストのサイズである確信があるから……。
 
 ちなみに開きやすい広開本となっていることも、実に地味ですが、我々のこだわりです。
 「書店で製本を確かめて買う」マニアなお客様はいません(いや、いるかもしれませんが、資格試験書籍の場合、同業者か関係者ですよね?)。
 しかし、勉強する間は常に座右に置いていただける本。調べもの、問題演習中に開いているページがパタンと閉じてしまう、そんな苛立ちから解放したいとの思いから、これを貫徹しています。
 そして、使ってもらって、「あれ、そういえばあの苛立ちが……」。
 そう感じてもらえる姿を想像しながら、作成しています。ね!○○印刷さん!
 
(2015年1月30日更新)
 
ユーキャン学び出版部への連絡はこちらへ
manabi-book@u-can.co.jp
               
←このコラムは
ウェブ限定の
連載です
購読お申込み
「新文化」案内
会社概要
アクセス・地図
出版物
お問い合せ
メール送信
リンク

新文化通信社